MENU

金融業者の借金の連帯保証人になる

親戚が金融業者での借金の連帯保証人になってしまいましたが、親戚が借金を返せなかったので金融業者の借金の連帯保証人の僕が代わりに借金の返済をすることになりました。しかし多額の借金だったので僕にも借金の返済をするのは難しかったです。このままでは家族にも迷惑がかかってしまうので、思い切って弁護士事務所に相談に行くことにしました。

 

弁護士事務所に行くのは初めての経験だったので、すごく緊張しましたが、弁護士の方がとてもいい人だったので親身になって相談にのってもらえました。

 

現在の収入や借金額を正直に話すと、弁護士の方に自己破産を勧められました。自己破産をすると全ての財産を失うのでできれば避けたかったのですが、弁護士の方の話によるとある程度の財産は手元に残すことができるというので、家族と話し合い自己破産をすることにしました。

 

自己破産の申請をしてからは、債権者からの催促がなくなったのでほっとしています。裁判所に提出する書類も沢山ありましたが、弁護士の方が頑張って手続きをしてくれたおかげで、無事に免責を認められたので良かったです。これからは厳しい生活が待っていますが、二度と連帯保証人にならないように気をつけたいです。